銀行カードローン | 即日審査・即日融資で借りるキャッシング!

銀行カードローン | 即日審査・即日融資で借りるキャッシング!

銀行カードローン | 即日審査・即日融資で借りる!

 

急にお金に困って、消費者金融から借入をしたいという時に、お金を借りた経験がないという人はどのように借りたらいいかという事もわかりませんよね。お給料日までの間、お金が足りなくなってしまったり、急な出費が発生してしまったという時に、銀行カードローンなら消費者金融よりも安心して借りる事が出来ると思えるのではないでしょうか。

 

しかし、消費者金融も銀行が出費しているところが殆どだと思います!○○銀行グループのア〇ムとか、〇ビットとか、大手のメガバンクが必ずバックについてます!じゃ消費者金融も銀行カードローンも同じじゃないの?と思いますが、違いはやっぱり金利が安い点ではないでしょうか?

 

契約をする際には、窓口に出向いて契約をすることもできますが、ネットや電話からも申込をすることが出来るのです。人に見られることなく、キャッシングをしたいという人には、好都合なのです。審査は、消費者金融と比べると厳しいと言われているのですが、自分の経歴に傷がない人なら、問題はないでしょう。免許証などの身分証明書が必要となりますが、最短で即日から融資可能な銀行カードローンもありますので、急を要しているという人にも嬉しいですね。

 

そして、通帳からお金を降ろすという感覚で借入をすることが出来ますので、軽い気持ちで始める事が出来るでしょう。しかし、返済期日はしっかりと守らなければなりませんので、必ず返済をすることが出来る価格を借入するようにしましょう。滞納してしまうと、後に後悔をしてしまうことになりますからね!

 

銀行カードローンを比較

 

銀行カードローンの中で人気が高いのは、まずオリックス銀行カードローンです。こちらは、金利が安く実質年率が3.0%〜17.8%となっているのです。希望限度額300万円以下は所得証明書が不要となりますので、面倒な手続きもありませんし、おまとめや借りかえローンを組むことができますので、他社からの借入を一括返済して、オリックス銀行一本にすることが出来るのです。

 

月々7,000円からの返済も可能となっておりますので、気軽に借入が出来ると人気があるのです。次に人気なのが、住信SBIネット銀行ネットローンプレミアムコースです。こちらは実質年率が3.5%〜10.0%と、金利が最高の場合でも低くせって市されているのです。初めてネットローンを利用される方は、最大で2か月間も実質無利息で借りる事が出来ると、人気が集まっているのです。

 

借入や返済も、インターネットから行う事が可能となりますので、便利ですね。そして、日ごろから利用しているという人も多いイオンで借入が出来るカードローンBIGは、実質年率が3.8%〜13.8%となり、専業主婦やパート、アルバイトの方も申込をすることが出来るという点も、非正規雇用の方からも支持を得ているのです。
又、消費者金融と比較しても、総量規制の適用外なので融資利用額も限度額いっぱいまでレ用出来るのが嬉しいですね!総量規制とは、年収の1/3を超える金額は借りることが出来ないと言う法律です!これは利用者の借り過ぎを防ぐため定められた法律です!年収が150万円の場合は約50万円まで!勿論、他社の借入れも含めてになります!

 

銀行カードローンの審査

 

一般の消費者金融で借入が出来る金額は年収の3分の1まで(総量規制)と言う法律が施行されてから、貸金業者は顧客が新規の借入を希望した場合に、貸付残高が年収の3分の1を超えるような融資をしてはいけなくなりました。

 

50万円を超える融資を受ける場合や、貸付残高が100万円を超えるという場合には、収入を証明する書類の提出が義務付けられましたので、例えば金銭感覚が狂ってしまったとしても、無計画に返済できない額を借り入れてしまうという危険性がなくなったのです。しかし、銀行カードローンの場合は総量規制の適用を受けないので年収の1/3を超える融資も可能です!

 

又利息の関しても、2006年に今の貸金業法が成立し、2010年6月に改正案が施行されましたので、それ以前に借入をしていたという人は必要以上の高額な利子を支払っているという人もいるでしょうが、今は比較的安全にキャッシングをすることが可能となったのです。

 

審査は、アルバイトからでも通るものや、専業主婦の方でも旦那さんの収入が安定していれば借入をすることが出来るというカードローンもありますので、年収が安定していれば、雇用形態問わずに借入を行う事が出来るでしょう。銀行カードローンなので、金利もそう高くはありませんが、借入をした際には、必ず返済計画通りに返済を行っていく事を前提に借入を行うようにしましょう。